ココナッツオイルの効能

人気のココナッツオイル。今回はその効能についてまとめてみました。

① コレステロール値を下げる

ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸。すぐにエネルギーに変換されるためコレステロールや脂肪に変換されにくいのですね。


② 糖尿病の予防・改善

インスリン抵抗性(感受性が低下し、インスリンが作用しない状態)が改善されます。内臓脂肪の蓄積を防ぐことが糖尿病の予防や改善につながるんですね。


③ 心臓血管疾患のリスクを減らす

上記の①と②が改善されると動脈硬化を未然に防ぎリスクを軽減させてくれます。


④ 便秘改善

小腸の内壁には栄養素吸収に関係する突起があります。ここにココナッツオイルが浸透すると食品添加物などの化合物による汚れや化合物自体を除去します。その結果、便秘改善に繋がるんですね。


⑤ 免疫力の向上

ココナッツオイルには抗菌作用のある「ラウリン酸」が豊富に含まれています。そのため免疫力が向上します。


⑥ 甲状腺機能低下の改善

一般的な植物油(オリーブオイル、サンフラワー油等)は多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。そのため代謝機能を下げてしまうんですね。しかしココナッツオイルは、主成分が中鎖脂肪酸のため代謝が良くなります。なので同じ植物油でも改善方向に働いてくれるんですね。


⑦ アトピー症状の改善

ココナッツオイルは皮膚黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用を示します。そのためアトピー性皮膚炎の皮膚乾燥に効果的と言われています。現在でも外用薬として使用されることもあるんですね。

最近の健康ブームで話題になっている食品はたくさんありますね。しかしどんな食品も継続的に行うことが重要だと思います。

健康は1日にしてならず、、、良いことの継続は力です。

みなさんも健康な暮らしに向けて、ココナッツオイルを継続して試してみてはいかがでしょうか?

料理に取り入れて、今までと違う風味も楽しんでみてください!

*ココナッツオイルもたくさん摂ったからといって、効果が出るものではありません。何事も適量が大切です!


あなたの心の健康におすすめのiPhoneアプリ

0コメント

  • 1000 / 1000