masaki_74

記事一覧(44)

コレステロール値を下げる!

皆さんは定期的に健康診断を受けてらっしゃいますか?会社で受診する人もいればご自身で受診される人も、自治体の案内で受診する人もいるでしょうか。この健康診断、毎年1回は受診した方が良いですね。普段健康に気を使っていても、完璧なコンディションを維持するのは難しいです。(正直無理かな、、)年齢とともに、何かしらの数値に変動は起こります。特にコレステロール、血糖値、尿酸値など変動しやすいものがありますね。極端な異常値でなければ過敏になることもないでしょうが、やはり適正値にしておいた方が安心です。生活習慣病の1つ「脂質異常症」は心筋梗塞などの原因にもなる強い症状です。その原因がコレステロールです。コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。健康診断でよく指摘される一番有名なやつですね。正直この「善玉」と「悪玉」という表現が数値異常の時にビビる要因な気もしますが。特に「悪玉コレステロール(LDL)」は気をつけなければいけません。悪玉が増えると血液がドロドロになり、それが「脂質異常症」と言ってもいいでしょう。これを下げる、あるいは予防するには大きく大きく2つのポイントがあります。それは「食事」と「運動」です。まずは食事です。「コレステロールを多く含む食品」として下記のものがあります。・卵(魚卵も含む)・レバー・乳製品(生クリームなどの牛脂やチーズ類など)もちろん他にもありますが、普段からよく口にする食材が多いと感じると思います。大切な基礎栄養食品でもあるので0にするのは難しいでしょう。なので摂りすぎないこと。そして一緒にコレステロールを下げる食品を摂ることをお勧めします。「コレステロールを下げる食品」の例・青魚(サンマやイワシ、マグロなど)に含まれるDHAとEPA・野菜(キャベツやキャベツやブロッコリーなど)に含まれるSMCSという天然アミノ酸・トマトに含まれるリコピン・大豆(豆腐や納豆、豆乳もOK)に含まれるレシチン・ごぼう、ひじき、りんご、アボガド、ニンニク、モロヘイヤなどその他多くの食品に含まれる水溶性の食物繊維・お酢に含まれるクエン酸・赤ワインやコーヒーなどに含まれるポリフェノール・柑橘系のフルーツ、キウイなどに含まれるビタミンC他にもビタミンBやビタミンEが含まれる食品などが挙げられます。結構たくさんありますよね。普段から好んで食べてる方も多いのではないでしょうか?と言うより、普通にどれかは食べてますよね。そうなんです、普段食べるものが多いのに、コレステロール値が変わってくるんです。なぜか??単に食事が偏ってることが多いからですね。なのでいろんなものをバランス良く食べることが大切です。次に「運動」です。有酸素運動や無酸素運動などと良く耳にすると思います。正直どっちでもいいと思います。とにかく大切なのは日常的に運動量を増やすことです。健康のためだけに無理して運動しても続かない人の方が多いでしょう。やはり何かしら楽しさを見つけるのが理想ですね。特に慢性的に運動不足な人は、急に動きすぎると怪我したりします。そしてまた運動不足になるという負のサイクルになってしまいます。なので無理せず、でも日常的な運動量を増やす工夫をしてみましょう。今ならポケモンGOでもいいと思いますよ。出会い目的にジョギングするのもしないよりは良いでしょう。食事のバランスと運動、これって小学生の頃からよく言われることですね。やはり大事なことなんですね。無理せず楽しく健康を手に入れる、自分に合った方法を探してみましょう。あなたの健康をサポートする本格志向のサプリ通販 ”イーヘルスオンライン”

タンパク質と豆乳とプロテイン

ここ数年、健康界隈では「たんぱく質」の話題が増え続けていますね。筋肉をつける、ダイエット食、疲労回復などとその恩恵はほとんど万能なのではと思えるほどです。そもそも「たんぱく質」とは、「20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。構成するアミノ酸の数や種類、また結合の順序によって種類が異なり、分子量約4000前後のものから、数千万から億単位になるウイルスタンパク質まで多種類が存在する。連結したアミノ酸の個数が少ない場合にはペプチドと言い、これが直線状に連なったものはポリペプチドと呼ばれることが多いが、名称の使い分けを決める明確なアミノ酸の個数が決まっているわけではないようである。タンパク質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれる。タンパク質は身体をつくる役割も果たしている。(wiki参照)」んですね。三大栄養素とかアミノ酸とか、これほど大切なものだと最近の最近の流行りで初めて知りました。食品で言えば鶏肉、青魚、たまごや大豆など(もちろんそれ以外にも)たくさんあります。ざっくり言えば植物性たんぱく質と動物性たんぱく質に分かれます。動物性たんぱく質では脂質が多くなりやすいですが、高タンパクで脂質の少ない「鶏胸肉」や「青魚」が人気ありますね。植物性たんぱく質では大豆製品が人気でしょうか。特に納豆や豆乳は栄養価も高く、体を太りにくくすると言われており、ダイエット食としても評価されていますね。大豆などは酵素も多く含んでいます。酵素は代謝を促進するためダイエットと栄養補給ができるので人気です。これならベジタリアンやヴィーガンの方も安心して栄養が取れますね。最近知ったのですがヴィーガンの方々は牛乳などの乳製品も取らないんですね。確かにそうか、と思いました。個人的には高価なダイエット食品を中心にするよりも、普段の食事に取り入れた方が健康的なイメージですね。たんぱく質を摂取する方法としてトレーニングをよくする人やアスリートはプロテインを使いますね。プロテインは言葉通り「たんぱく質」そのもののことです。日本でプロテインといえばたんぱく質を主成分としたサプリメントや飲料を指します。プロテインには種類があります。主にホエイ、ソイ、カゼインです。ホエイプロテイン原料に牛乳から作られるホエイ蛋白(乳清)を使用摂取後の消化が速く、タンパク質合成を促進する(アナボリック)消化が速い分、異化(エネルギーとして消費されてしまうこと)を防ぎにくい(こまめに摂取することでカゼイン同様抗カタボリック効果が得られることが研究で示されている)他の原材料のプロテインと比較すると相対的に安価であるソイプロテイン原料に大豆たんぱくを使用大豆イソフラボンの作用を受ける摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい(抗カタボリック)消化が遅いため満腹感が有り、ダイエットやフィットネスに用いる人もいる。粉っぽく、何で溶いても飲みにくいカゼインプロテイン原料に牛乳に含まれるカゼイン蛋白を使用やや高価である摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい(抗カタボリック)ホエイと同じ牛乳が原料だが製法が違うざっくり分けると、トレーニング後などの栄養補給、筋力アップ、疲労回復などはホエイプロテインが良いと思います。ダイエットなどを目的にするならソイプロテインでしょうか。トレーニング後など早く吸収したい時は水で割ります。朝食の代わりなどゆっくり吸収したい時には牛乳で割ると良いのではないでしょうか。私は最近豆乳で割っています。味はちょっとクセがある感じですがまあまあ好きですね。最近は各メーカーから味も豊富で飲みやすいものが多く出ています。目的別の飲み方や飲みやすさの工夫など、情報も豊富にあるので調べてみましょう。ちなみにコスパも味もよくておすすめのプロテインがこちらです。be LEGEND -ビーレジェンド- 【アミノ酸スコア100 ホエイプロテイン】 ¥3240

手足口病日記・・・3

9月に入りました。オリンピックではイライラするニュースが連日続き、結局ロゴも取り下げ、競技場もなんかあさっての方向へ行ってる気がして、そんな空模様ですね。ネットでの叩きがどーのこーのと言われておりますが、根本的な原因は政治不信や責任者不在の委員会と利権や癒着・不正の温床に対する不満とか呪詛のようなものかなと感じております。けど本人の会見は必要だったと思いますね、オリンピック案件ですから、国家を代表する事業なわけですから、いろいろと残念ですね。まあいいや。先月苦しめられた手足口病、感染ルートもわからずに何が何やら大量の口内炎にやられ3日間で4kgのダイエットに成功しました。今年は大流行してしまったようですね、身近なところには誰もいないのですが、、、、ようやく減少傾向にあるようです。〔手足口病〕3週連続減少・北海道~関東では高い水準続くレスキューナウニュース 9月1日(火)12時0分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000007-rescuenow-sociでもまだ関東以北では流行ってるようなので引き続き皆様もお気をつけください。口内炎に優しい食事はここを参照してください。手足口病(口内炎)日記・・・2http://ehealth.mtrans.jp/blog/2015/08/13/185039なんか写真がないと寂しいので弊店で販売しております、ユーグレナサプリを引き続きおすすめいたします。ユーグレナ タス・ヒク

手足口病(口内炎)日記・・2

追記あり....8/14,2015いやいや、しかし本当に大変でした。手足口病。大人がかかると本当に辛いと言いますが、事実です!もちろん子供たちだって大変なんでしょうけどね。日々の苦悩はこちらをどうぞ、、、「手足口病日記・・・1」さて何よりも辛かった口内炎の嵐。その数判別不能、恐らく50個近いと推測(怖)。といってもかなりの数が合体して1つになるので巨大な口内炎が複数、喉は腫れ上がり、何もしなくても焼き切られてるような痛みが3日半ほど続きました、、、。そんな苦悩の中、優しく救ってくれたありがたい食料を少しご紹介します。少し痛みが引いてから口にしたものですが、痛みがピークの時にもありがたいものだったかもしれません。口内炎が辛い時にも優しい食事*トローチ何と言ってもトローチ。食料というよりは医薬品ではありますが、これが本当に助かりました。ゆっくり舐めていると痛みが緩和されます。しばらく痛みが和らぐので大量に舐めていました。本当は舐めすぎはいけませんが、そんなこと言ってられないのでガツガツいきました。もちろん殺菌や消毒の効果もありますので炎症には良いと思います。*プリンプッチンプリン系です。これ喉通るときも痛く無いんですよね。沁み無い。カラメルが心配でしたが全然平気でした。疲れた体に甘いもの!4日ぶりに食べた最初の食事(?)がこれ。マジ美味かったです(笑)。

手足口病日記・・・1

手足口病。流行っております。流行っているというより猛威を振るっているようです。*手足口病が猛威…患者数、過去最多に迫る 読売新聞 8月12日(水)8時47分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00050024-yom-sciそんな中、皆様いかがお過ごしでしょうか。手足口病は子供の病気として代表的なものですね。特に今年は大流行してしまっているようですね。患者数も過去最多に迫っているようです。これ、大人もかかります。免疫力が低下してると大人もかかります。なぜかかかりました。本当に辛いです。大人がかかると辛いという話もよく聞きますね。手足口病とは、、、、ウィルス性疾患の1つで、手のひら、足のうら、口の中に水疱ができます。・発疹(文字通り、手、足、口にできます。痒みや痛みを伴うことがあります。)・発熱(38度前後の熱が1〜2日でます)だいたい1週間〜10日くらい続くようです。飛沫感染するので医者からOK出るまでは外出等控えるべきだと思います。特効薬がないのも辛いところですね。子供の病気で大したことないと油断していると、まれに重症化し死亡例もありますので、しっかりと医者にかかりましょう。ちなみに大人が罹ってしまうとこんな感じです、、、、Day 1朝起きるとなんとなく喉が痛い。風邪やっちゃったかなという感じ。夜、突然の目眩と寒気。熱があるのがわかったので測ってみると38.6度。食欲はあったので食事をとりバファリンを飲んで寝る。若干喉痛い、、、。Day 2朝から熱と寒気、けど猛暑なので暑い。どうしていいかわからない。しかたないので食事してバファリン飲んで安静にして過ごす。少し喉痛い、前日より、、、、。医者に行く気力はこの時は無し。風邪か扁桃腺か最悪夏のインフルエンザくらいに思っていた。Day 3熱は37度まで下がってわりと体は軽くなった感じ。ただ喉がものすごく痛い!尋常じゃない痛み。ぱっと見てすごい腫れてるのがわかるくらい。これは面倒だなと思い医者へ。休診日で諦めて帰宅。とにかく喉が痛い。しゃべれない、食べれない、水もしみる。ここで食欲も失せる、、、。この辺りから手のひら、指先、足の裏あたりに小さな水疱と赤みが出てくる。痛みや痒みはない。まさかと思いググると手足口病の疑い。なぜ自分が??と思いつつ、喉痛いのでグッタリ。けど寝れない、痛すぎて。Day 4医者へ。喉は超絶痛い。もう何もしたくないくらいに痛い。何もしなくても痛い。医者から手足口病と言われてがっかり。喉を見た医者が一言「うわ〜〜〜、、、」。おい!って感じでまたグッタリ。超絶重症の口内炎になっているという、、、、。何も食べれないと伝えると、「ウィダーインゼリーとかカロリーメイトとかでしのげ」と言われる。薬はロキソニン、抗生剤、抗炎症剤などを処方。ゼリーを買って帰り、とにかく補給。ところが、、、めちゃくちゃ染みる。なんかもうどうしていいかわからないくらい染みるし痛い。ゼリーを諦めて薬を飲む。錠剤も痛い。水も染みる。1時間くらいすると薬のおかげで眠気が。痛みは若干引いいた気がしてそのまま寝る。15分後くらいに痛くて起きる。乾燥するので水を飲む。また沁みて痛い。結局24時間そんな感じ。Day 5変わらず痛いし寝れない、食べれない。熱は37度ちょっと。暑かったり寒かったり、ただとにかく痛い。情けないけど痛い。イライラMAX。食べないと抵抗力も無くなるしと思うが食べれないのでもう一度医者へ。点滴とかできませんか?と相談したが却下されてがっかり。ゼリーの話をしたら「あれはグレープフルーツとかの味だから染みるよね。そりゃ痛いよ」って言われた。誰だ勧めたの、、、と思ったが怒る気力なし。うがい薬とステロイド系の抗炎症薬を処方してもらう。「イソジンとか絶対やめなよ、傷口に塩塗るようなもんだから」って忠告を受ける。やるかそんなこと!うがいと薬を飲んで引き続き水だけで1日過ごす。Day 6まだ痛いし寝れないし食べれない。なんかもう食欲も失せた。薬飲んだ後、少しの時間だけちょっと楽になる。ところが夕方あたりから少し痛みが引いた気してきた。食欲はまだないが、何か口にしたい気分が強くなってきた。いろいろ調べた結果、トローチをゲット!